2018/03/28

ARUN 21 Days 2018「意識的に生きる21日間」目次

桜の写真

2018年3月1日からOSHOがエンライトした3月21日に向けて、アルーンコンシャスタッチを長年シェアしてきたラサタカマラによる、日々の気づきのためのメッセージ、そしてアヌブッダの過去のインタビューや彼の書いた記事を紹介します。

2018/03/21

意識的に生きる21日間 Day 21:OSHOとアルーンコンシャスタッチ


===============
意識的に生きる21日間 Day21 OSHOとアルーンコンシャスタッチ
===============

おはようございます、アディプリヤです。
21日目の朝ですね。
今日はOSHOがエンライトメントしたお祝いの日!
アルーンコンシャスタッチは、OSHOの説く愛と瞑想を表現する一つの道です。
最終日の今日は、アルーンコンシャスタッチがどんな風に生まれ、
アルーンコンシャスタッチとは何か?を
アヌブッダのインタビュー記事よりお届けします。

***

1976年にボディワークを始めました。
その頃はたくさんのボディワーカーがプーナにいて、
それぞれに知っているテクニックをシェアしていました。
OSHOは瞑想がボディワークに変容をもたらすと言っています。
4年間のこういう形でのシェアリングの結果に、OSHOは、
「OSHOリバランシング」という名前を付けました。
リバランシングは違ったアプローチのボディワークを
色々合わせて創ったものです。
(*アヌブッダは「リバランシング」創始者のひとりです)

1988年になって、OSHOにセッションをしてほしいと頼まれました。
OSHOのエネルギーが
新しいボディワークへの新しいヴィジョンをもたらしました。

2018/03/20

意識的に生きる21日間 Day 20:人間の手って不思議!

ラサタの写真

===============
意識的に生きる21日間 Day20 人間の手って不思議!
===============

こんにちは、ラサタです。

今日は、シンプルにあなたの両手を
見て感じて触れてみてください。愛と気づきと感謝とともに。

私たちのほとんどが、毎日手をたくさん使っています。
手で自分や人や動物に触れたり、
周り中にある、ありとあらゆるものに触れて、
物を使ったり、作ったり、食べたり、書いたり、
手を動かすことで、
生活の多くが成り立っているわけです。

けれど、手は、単なる生活のための便利な身体の一部というだけでありません。
私たちの生命エネルギーや意識、愛や滋養を
分かち合うことのできる神秘に満ちた通路であり、
外の世界と内側をつなぐエネルギーステーションです。

2018/03/19

意識的に生きる21日間 Day 19:タッチは愛

\妙高高原リトリートの写真

===============
意識的に生きる21日間 
===============

カマラからの最後の投稿です。
いよいよ明日はカマラが日本に到着しますよ。
さっそく3月23日(金)は名古屋にてナイトイベントです!
カマラとともに、アルーンのタッチを体験する時間。
名古屋方面の方はお見逃しなく♪

***

Day19 タッチは愛 by カマラ


こんにちは みなさん。
みなさんがこの投稿を読んでくれている時、
私はもう空の上にいるかもしれません。

今日は私の7番目の投稿なので、
触れること、愛。について書きたいと思います。

アルーンコンシャスタッチの創立者アヌブッタは
一時は
「ヒーリングという言葉には
誰か誰かを癒すという少しエゴイスティックなものがあるから」
と言ってそれを全く使わなかったのですが、
最近はよく口にするようになり、
時にはサブタイトルにまでつけるようになってきました。


2018/03/18

意識的に生きる21日間 Day 18:アルーンコンシャスタッチの誕生

OSHOの写真

===============
意識的に生きる21日間 
===============

Day 18.アルーンコンシャスタッチの誕生 

アルーンコンシャスタッチは、
アヌブッダがOSHOとのセッションを繰り返し、
OSHOと個人的なやりとりを交わすなかで育まれ、誕生しました。

18日目の今日は、その記念日!
アヌブッダの記事から、そのエピソードをお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日は3月18日。
私とアナーシャにとっては
アルーンコンシャスタッチの「非公式」な誕生日なのです。

1988年3月18日、私とその他5,000人の人々が
OSHOとともに過ごすためにブッダ・ホールへと向かいました。

その一時間前、私は和尚とともに「タッチング瞑想」をシェアし、
彼のベッドルームにあるバルコニーから退いてきたばかりでした。

そのセッションはとくに意義深く洞察に満ちたもので、
終盤のサイレンスは
私にとってほとんど耐えられないほどのものでした。

2018/03/17

意識的に生きる21日間 Day 17:首と喉への気づき

アヌブッダの写真

===============
意識的に生きる21日間 Day17 首と喉への気づき
===============

こんにちは、ラサタです。

今日は、首と喉への気づきタッチの体験を書きます。

首に痛みや疲れ、凝りはないですか?
頭って結構重たいから、それだけでも支えている首の筋肉は硬くなりやすいし、
頭をいつも下げていたり、顔が前に出たり姿勢が
影響して首がこったり何かと首は痛みがでたりします。

頸椎から横隔膜の神経が出ているので、首が硬く緊張していると
呼吸は浅くなります。
首をぎゅっとすくめたら、呼吸ができなくなるでしょ。
首がゆったりくつろぐと自然に呼吸も入ってきます。

首がタッチで緩むと、頭にとらわれていたエネルギーがストンと足の方へ下がるので、
頭もすっきりし、グランディングします。

2018/03/16

意識的に生きる21日間 Day 16:触れている、触れられている

苔に触れる手の写真

===============
意識的に生きる21日間 Day16 触れている、触れられている
===============

おはようございます、アディプリヤです。
今日はアルーンのトレーニングでよく語られることのひとつ、
「触れている~同時に、触れられている」について書いてみます。

ただ静かに手をおく「ニュートラルタッチ」は、アルーンの大切なタッチ。
友だちのからだの上でバターが溶けていくかのように、
やわらかい手をなじませて耳を傾け、ただ、共にいます。

そんなとき、時折ラサタやカマラから届いてくる言葉があります。

「ではこんどは、友だちのカラダから ‘触れられている’ ことを感じてみましょう。
あなたの手は、友だちのカラダから、触れられています。」