2020/04/26

妙高高原リトリート 〜 生命の輝きに触れる(2020年春)

トレーニングの参加者のみなさんの写真

概 要

日 時:
2020年 429日(水)〜 56日(水)
講 師:
ラサタ(久嶋真理子) & カマラ・マツノ
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で7日間が認定されます。

ファシリテーターとしてドイツ在住のラサタ、スペイン在住のカマラを招き、アルーンコンシャスタッチを本格的に学ぶ8日間のリトリートです。


2018年秋の妙高高原リトリートの様子:

2020/03/25

お知らせ



【お知らせ】
新型コロナウィルス対策のためのヨーロッパからの入国制限が3月21日よりスタートしました。ドイツより来日の講師ラサタは、この入国制限前に無事に帰国しましたが、お会いする皆さまの安心・安全のため、自主的に2週間の自宅待機期間をとることにしました。そのため、3月28日、29日に予定していた「東京2デイズ」「東京ナイトイベント」は下記の通り日程を変更して行います。どうぞよろしくお願いいたします。

●東京ナイトイベント with ラサタ 4月16日(木)
●東京2デイズ with ラサタ 4月18日、19日(土日)

そして、カマラの住むスペインはより厳しい状況になってきました。何度も航空便がキャンセルとなり、そんな中でもギリギリまで、航空券を手配しなおしては来日の方向で動いてくれていたのですが、刻々と変わるスペインの状況のなか、大変残念ではありますが、来日の延期が決まりました。

この春の日本でのアルーンコンシャスタッチは、このような状況のなか、今できること、今必要と思われる場をできる限り準備できるよう進めて行きます。どうぞよろしくお願いいたします。

2020/03/22

「生命の輝きに触れる21日間」の記録


アルーンコンシャスタッチジャパンでは、この春も毎年恒例21日間の特別企画にみなさんをご招待します。3月21日は、神秘家OSHOが光明を得たお祝いの日! この日に向けて3月1日から21日までの21日間、私たちの意識を上昇させる祝福と変容のエネルギーに乗っていきますよ。今春のテーマは「生命の輝きに触れる」。

ナビゲーターはアルーンを長年シェアしてきたラサタカマラアディプリヤです。

2020/03/21

Day21 : 光の体 ~生命の輝きに触れる21日間~



日本の皆さんこんにちは。
カマラです。
集団意識という言葉を聞いたことのある方もたくさんいらっしゃると思いますが、わかりやすく言うと、「たくさんの人たちの意識が集まってグループになっているもの」です。
今日はそれをわかりやすく説明していきたいと思います。

人の身体の構成として、
第1に肉体があり、次にそれを取り巻くエーテル体、
第2のボディーがあり、
3番目には願望と強く関係している体アストラル体があります。
そしてその次に
4番目の「メンタル体=マインド(思考)の身体」。
5番目に「コーザル体=魂の身体」あると言われています。
それからは存在、宇宙へと続くもっと大きな光の身体が広がります。

2020/03/20

Day20 : 自分自身にとどまる ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、アディプリヤです。
私は今回の21日間、ジベリッシュ瞑想を続けています。
無意味なめちゃくちゃ言葉をひたすら声に出す時間をとり、そして静かに座るという瞑想。
頭の中のガラクタを放り出せるとても科学的な方法、とOshoは語ります。

そのおかげか、今日はふとした時、お腹のあたりの、ずっしりとした落ち着いた存在に意識が向いたりしています。とてもしずかなスペース。
「自分自身にとどまる」ということがしやすい感じ。
外側の状況に捉えどころがなく、見通しがきかず、判断に迷うことも多いこの頃ですが、この静かなスペースと繋がり、それとともに眺めていれば答えがやってくる感じで、助かっています。

2020/03/19

お知らせ



ヨーロッパからの入国制限が決まり、3月21日より、日本人を含む入国者は14日間の自宅などでの待機が要請されることになりました。
この春、来日を予定している2人の講師、ラサタはドイツ在住、カマラはスペイン在住でいずれも対象となります。
2人とも航空便キャンセルも続くなか、手を尽くして帰国日程を早めてくれ、帰国できる見込みですが、3月中に予定していたワークショップは、4月に延期を検討しています。
楽しみにしてくださっている皆様には大変申し訳ありません。
彼女らが無事に日本に到着し、詳細が決まりましたら、改めてご案内しますね。
どうぞよろしくお願いいたします。

Day19 : ダンシングハンズ瞑想 ~生命の輝きに触れる21日間~



今日はあなたの2つの手に、自由にダンスする時間をプレゼントしませんか。
以前にも紹介しましたが、これはあなたの手に役立つ瞑想で、「タッチ」をより意識的なものにするための、もっとも美しく、ダイレクトな方法の一つです。

始める前に、少し手をリラックスさせましょう。
まず手首。両方の手首を振ってみます。肘を直角くらいに曲げた位置で、手の先を上下に振ります。
結構ぶんぶん振っても大丈夫。肩を楽にして、呼吸を止めないで。
これは、肩や首の緊張を解くのにもいいですよ。

次に指先。片方の腕をまっすぐに前に伸ばし、手のひらは下向き。
反対の手で4指をゆっくりと反らせていきます。指、手のひら、腕に気持ちのよいストレッチを感じます。
そして解放して~、影響を感じます。反対の指も同じように。

準備はできましたね。
それでは、アヌブッダのガイドでやっていきましょう。

2020/03/18

Day18 : 意識的な注目、そしてハッピーバースデー! ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、アディプリヤです。
今日は「注目」ということについての、アルーンの捉え方を紹介してみますね。
ハッピーバースデー(?!)については後ほど(笑)。

誰かの身体に触れる、タッチをしていくという場面で、私たちは、ありとあらゆるものに出会います。
身体はとっても複雑で、広大で、奥深い、愛すべきワンダーランド。
物質でもあるし、電磁エネルギーフィールドでもあり、そして生きていて、豊かで、変化します。

2020/03/17

Day17 : 祝福を選ぶ ~生命の輝きに触れる21日間~



今日は予定を変更して、アヌブッダから2日前に届いたメッセージをお届けします。
Facebookに投稿されたものなので、既にご覧になっている方も多いかと思いますが、一人でも多くの方に届けたい、大切な言葉です。

そして世界のアルーンフレンズの間では、3月15日から一週間のジュースデトックスのプログラムがスタートしています!
興味のある方は文中のリンクから詳細情報をご覧ください。

グーグル翻訳に少し手を入れたもので読みにくいかもしれませんがご容赦くださいね。
英語の得意な方はぜひ原文でお読みください。
https://www.facebook.com/anubuddha.prem/posts/10157887055838346

2020/03/16

Day16 : タッチを瞑想にする ~生命の輝きに触れる21日間~



アルーンコンシャスタッチは「タッチの瞑想」。
ボディーワーク~触れること・触れられること~を通じて、瞑想を分かち合っていきます。

なぜ、誰かに触れることが瞑想になるのか?
どうやったら、誰かに触れられることを瞑想にしていけるのか?

それをお伝えするには、本当はアルーンのワークショップやトレーニングで体験してもらうのが一番簡単で、楽しいやり方です!
言葉にしにくいこともありますが、今日は、ラサタやカマラがいつもグループで繰り返す言葉を、ここで紹介してみます。

2020/03/15

Day15 : 歩く ~生命の輝きに触れる21日間~



日本の皆さんこんにちは。カマラです。

今日は私が毎日していることをお話しします。
私の日課は散歩です。犬がいるせいもあり、雨でも嵐でも、毎日必ず2~3回散歩に連れて行きます。
目指すは日に10,000歩以上歩くことですが、忙しくて長く歩けないことも時々。
でも平均したら約8~9,000歩は歩いているようです。
私が歩くという行為になぜそんなにも惹かれるかと言うと身体に負担がかからなく、楽。
色々な情景も見れて、気分転換になり、マインドも静かになります。
実際歩くのは身体にとても良い運動なのです。

利点としては

2020/03/14

Day14 : 肺に愛と意識の光を ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、ラサタです。
今日は私たちの胸郭、肺、横隔膜に愛と気づきを満たす呼吸の瞑想を紹介します。

今世界中に脅威を与えている新型コロナウィルス、
きっと心配や不安、ストレスを抱えている方も多いと思います。
けれども、ウィルスが怖いからと言って、息をひそめ部屋に閉じこもってテレビやインターネットばかり見ていたら、ウィルスに対抗する身体の力を十分発揮することができません。
身体を伸ばし、私たちのエネルギーフィールドを生命力で輝かせましょう。
窓を開けて呼吸をしましょう。身体を動かしましょう。
生き生きとした身体で今ここに戻ってくるのです。

呼吸器系(肺)と消化器系(腸)を整えると、身体の抵抗力、自然治癒力がアップすると言われています。
私も体験から本当にそうだと実感するし、アルーンのコースでは、まさにタッチを通してこれをやっているわけです。 
今日は呼吸器系に気づきを向けます。後日、消化器系をやりますね。

2020/03/13

Day13-2 : アルーンヨガ ~生命の輝きに触れる21日間~



アルーンのトレーニンングではヨガのクラスを朝の瞑想とすることがよくあります。アルーンの創立者の一人、アヌブッタは20代の頃からヨガを教えていました。
彼がインドに初めて行って、アシュラムでOshoに会った時に「私はここでヨガを教えたいです。」と言ったことを時々笑いながら話します。
「今考えればOshoにそんなことを言うなんて未熟だったな。」と彼はその当時を思い出して言います。

ヨガは歴史的にとても古いもので、4,500年ほど前に始まったと言う説と2,300年ほど前の書物に初めてヨーガという言葉が現れてきたという説があります。あまりにも古いので起点は定かでないようで、4~5世紀の頃初めてのヨガスートラ(ヨガの経典)がまとめられたという説があります。
その当時のヨガは今のようなアーサナ(ポーズ)を中心としたものでなく、宗教的な祈りを捧げるものの一つだったとも言われています。
瞑想的だったということですね。


Day13 : 暮らしのなかのタッチ ~生命の輝きに触れる21日間~



タッチは、かかわりです。
その意味で、暮らしの、人生の全てはタッチです。
「生活の全てはタッチ」アルーンでよく言われる言葉です。

あなたと、モノとのかかわり。
ドアに触れる、カップを持つ、窓を開ける、車のハンドルを握る、洗濯物を干す、何かを食べる。

あなたと、誰かとのかかわり。
眼差しを向ける、声をかける、そばにいる、触れる。
あなたの目が誰かにタッチする、声が誰かにタッチする。ハートに、タッチする。

2020/03/12

Day12:目のチュアカ ~生命の輝きに触れる21日間~



今日は「チュアカ」と呼ばれるセルフヒーリング法をご紹介します。アヌブッダはこの手法をとても信頼していて、アルーンコンシャスタッチのコースでもよく登場します。
今回の21日間、チュアカを続けているアルーンフレンズもいるみたいですね!

「チュアカ」はその当時アジア全体を制覇したという古代モンゴルの戦士達の智慧。彼らは身体には沢山の恐れや緊張が隠れている、と考え、身体の色々な場所に意識的に触れ、解放していくことを大切にしました。そうやって恐怖心を克服して戦いに望んだのでどんな激戦にも勝ち抜くことができたのかもしれません。

私たちは、受け止めきれない感情、感じたくないさまざまなものを身体のいろんな場所に溜め込むことがあります。そして、なかったものとして生活していくわけですが、それらは無意識のレベルで緊張を生み、私たちが十全に生を謳歌していくことを妨げてしまったりします。

2020/03/11

Day11 : まるで初めてのように ~生命の輝きに触れる21日間~



カマラです。

今年1月にエクアドルで参加したアナーシャとアヌブッタによるARUNメディスンブッタのトレーニングの参加者のほとんどが初めての方たちでした。スペインのトレーニングはいつも体験者やボディーワーカーがたくさんいるので、新しい人たちの中に混じって私もまるで全くタッチを知らないかようにトレーニングを受けたのはとても新鮮でした。

全く知らないって、純粋で、素直で、吸収力があって、素晴らしいですね。

2020/03/10

Day10 : アーシング ~生命の輝きに触れる21日間~



さあ、今日はアーシングの日です。
アルーンコンシャスタッチでは定番のエクササイズ。
でも日常の中ではなかなか、やる機会が取りにくいかもしれませんね。
今日は思い出して、そしてやってみましょう。
初めての方は、ぜひ体験してみてください。

アルーンコンシャスタッチの創始者アヌブッダ&アナーシャは、このアーシングをとても大切にしていて、来日の際も、アーシングできる場所を探しては毎日必ずやっていたそうです。ではアナーシャのガイドではじめていきます。

2020/03/09

Day9 : 私たちの『潜在』に愛を分かち合う ~生命の輝きに触れる21日間~



「21日間を意識的に」というプログラムも今日で9日目になりました。
毎朝お届けしているこのメールとは別に、それぞれに自分で決めた?何かひとつのこと?を決めて続けてみるという取り組みはいかがですか?
どんな体験になっているでしょうか?
もし、まだ始めていなかったという方がいらしたら、よかったら今からでも!
始まる前にお送りしたお誘いのメールをもう一度見て、ご参加くださいね。

この、今、皆さんと一緒に過ごしている「21日間を意識的に」という取組みは、この時期、これまでにもアルーンで何度か行われてきました。(ウェブサイトにその記録があります。これは宝物ですよ~。)

2020/03/08

Day8 : 身体とのコミュオン ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、ラサタです。
今日は、自分と身体との関係性を見直す一日にしてみませんか?
身体は、命が宿った瞬間から、最後の一息の瞬間まで私たちの魂が宿る聖なる神殿です。しかも一瞬も休むことなく生涯働いてくれています。肉体的なことだけでなく、私たちの感情や思考も引き受けてくれているのです。寝ている間も身体のことをすっかり忘れているときでさえ。けれど私たちはどれだけ身体を感じ、気遣いケアしているでしょうか? 

私たちの身体は、一生死ぬまで一時も離れることのない最も親密で愛すべき神秘に満ちた友人です。

2020/03/07

Day7 : バウンシング ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、アディプリヤです。
今日はアルーンコンシャスタッチのグループでよく紹介されるエクササイズから「バウンシング」を紹介します。
冬の縮こまった身体をのびのびさせていくには最適。
そして免疫力を高めることにも役立ちます!
いつでも、どこでも、とっても簡単にできます。ぜひやってみてくださいね。

2020/03/06

Day6 : 内なる英知のエクササイズ  ~生命の輝きに触れる21日間~


アルーンコンシャスタッチには、
古今東西のありとあらゆるボディワークのエッセンスが詰まっています。リバランシング、タイヨガマッサージ、指圧、クラニオ、ロルフィング、トレガーアプローチ、ブレスなどなど。それはボディワーカにとっては本当に魅惑的なこと。
アヌブッダは「すべてのタッチを理解し、経験しつくすには少なくとも12年はかかるでしょう」とも語っています。

2020/03/05

Day5 : 3つの脳 ~生命の輝きに触れる21日間~


みなさんこんにちは。カマラです。
私の住むセビリアではオレンジの花が咲き始め、街中いい香りを楽しめる最高の季節です。例年より1月早い開花です。

香りって、鼻の粘膜から嗅覚神経を伝ってダイレクトに脳に届くので、人々もなんだか花のアロマ効果なのか、ウキウキしています。
みなさん、オレンジの花の香りを嗅いだことはありますか? 
それはそれは色っぽくて、情発作用があるのですよ。

脳といえば、面白い話ですが、いわゆる脳みそと私たちがいっている頭部だけでなく、3つの脳があると考えるDr.たちも今日では出てきているようです。

3つの脳とは?

2020/03/04

Day4 : 心配との付き合い方 ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、アディプリヤです。

今日は、昨日ご提案した【内側を観る】ことを、「脳」でやってみませんか? これはとっても興味深い実験です。
私たちは、自分のアタマ(脳)の使い方を選ぶことができるのです。

あなたは今、何か「心配」を持っていますか?
「心配」があるなら、今、あえて、それを思い出し、意識してみます。もし、何もないなら、しばらくの間、本当に何かを心配するふりをしてみてくださいね。健康のこと、コロナちゃんのこと!、恋人のこと、家族、仕事、なんでもいいです。

あなたが心配している時、脳のどの部分が一番活動しているでしょう?
観察してみてください。

2020/03/03

Day3 : 30回の呼吸 ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、アディプリヤです。

この21日間、アルーンコンシャスタッチ創始者アヌブッダ&アナーシャがこれまでシェアしてくれた沢山の宝物から、普段の暮らしを意識的に過ごしていくヒントをお届けしていきますね!

「自分自身ではなく、【誰か他の人】が私にとって何が一番いいかを知っている」
私たちは、こうした考え方に馴染んできました。そんな風に教育されてきたのです。

これは、緊張を誘います。不安、心配、そして怒り。そして、外側に注意深くあることを訓練して学び、「すべきこと」「すべきでないこと」がたくさん生まれ、それがまた緊張を作る。終わりはありません。けれども、このプログラムを変えることはできる、とアヌブッダは言います。

その鍵は【内側を観る】ということ。

2020/03/02

Day2:グラウンディング ~生命の輝きに触れる21日間~



こんにちは、ラサタです。

3月恒例の21日間を意識的に生きるプログラムがスタートしましたね。この特別な期間、あなたも、このアルーン通信を一日一日の気づきのヒントにして、自分自身のためにしたいこと、できることをぜひ積み重ねていってもらえたらと思います。春の息吹とのダンスを一緒に楽しみながら、私たちの内なる生命が輝きだす21日間にしていきましょう。

今日の提案は、意識的に「グラウンディング」すること。大地にしっかりと足をつけることです。

グラウンディングが大事なのは、みなさんもよく知ることで、基本でありシンプルなことですが、とてもパワフルです。概念で知っていることと、実際の身体の中でこの瞬間に体験してその質を育てていくことには大きな違いがあります。

2020/03/01

Day1:3つのM ~生命の輝きに触れる21日間~


日本のみなさんこんにちは、まだまだ寒い日は続きますが、木々たちの小さなちいさな新芽が少し膨らんできようです。そんな自然の恩恵は長い冬の中、春を待つ私たちを勇気付けてくれます。

さて、2020年も私たちの身体と共に意識的に生きるために、アルーンコンシャスタッチ21日間のスペシャルプログラムにご招待したいと思います。寒さに縮こまっていた身体を肉体を中心にいろいろなレベルで労わる為に21日間のアルーンコンシャスタッチのウエルネスプログラムが始まります。

新しい息吹を身体の中に、ハートに、エネルギーフィールドに再び見出していきましょう。 身体やハートや、マインド、スピリット、そしてソウルがうーんと輝き出すのを助けるように、毎日21日間に渡ってなにか「鍵」となることをシェアしていきます。

今日はアルーンコンシャスタッチのベースになっている3つのMについて簡単に説明していきたいと思います。知っている方はもう一度読んでもらえると忘れていたこと(あーそうだった~。)なんて思い出すことができるでしょう。

2020/02/26

生命の輝きに触れる21日間


アルーンコンシャスタッチジャパンでは今年も、3月1日からの21日間、日々を意識的に過ごすという取り組みにご招待します。

アルーンコンシャスタッチは、インドのユニークな神秘家、瞑想マスターであるOshoのヴィジョンを、タッチを通して表現するひとつの道です。 Oshoを愛する2人の創始者アヌブッダ&アナーシャにより26年前にスタートしました。
そして3月21日はOshoが光明を得たお祝いの日。

3月1日からの21日間は、私たちの意識を上昇させる祝福と変容のエネルギーに満ちた特別な時として、世界中で瞑想が行われてきました。

2020/02/19

ナイトイベント in 東京(2020年春)


コロナウィルス対策のためのヨーロッパからの入国制限が3月21日よりスタートしました。ドイツより来日の講師ラサタは、この入国制限前に無事に帰国しましたが、お会いする皆さまの安心・安全のため、自主的に2週間の自宅待機期間をとることにしました。そのため、3月26日に予定していた「東京ナイトイベント」は下記の通り日程を変更して行います。どうぞよろしくお願いいたします。

概 要

日 時:
2020年 4月 16日(木)18:30 〜 21:30
講 師:
ラサタ(久嶋真理子)

講師ラサタとともに、タッチの瞑想アルーンコンシャスタッチを体験いただける3時間です。ゆったりとくつろぎ、自分自身に戻り、そこからタッチを分かち合いましょう。

アルーンコンシャスタッチは、タッチ〜触れること・触れられること〜を通じて瞑想を分かち合っていく、とてもユニークで楽しいアプローチ。

そして講師ラサタは、世界でも数少ない、アルーンコンシャスタッチのティーチャーのひとりで、ドイツ在住の日本人女性です。

2月に開催した「SUN&MOON」ワークショップは大人気でキャンセル待ちがでるほど。そのラサタが再び来日します。

2020/02/17

2019年秋 妙高高原リトリート報告3  〜参加者の声〜


ご参加くださった皆さんからのご感想を一部、紹介させていただきます。

**

「愛」って言葉しかないのがもどかしい。
アルーンの愛をどう伝えたらいいのだろう?
でも言葉にならないからタッチがあるんだよ。
私にとってアルーンは愛だ。
このスペースが大好きだ。
言葉もなく踊り続けたフィードバックの時間。
本当に愛おしかった。

2019年秋 妙高高原リトリート報告2  〜5日間の旅路〜

day 1 ~瞬間、瞬間、新しく出会う~



何度となくアルーンの場で過ごしてきた友人達、ほんの2週間前にアルーンを知ったという仲間。よく知っている人、初めての人。つどえた喜びが弾けていきます。
けれど、これまでの関わりは脇において、今この瞬間に、新たに出会っていきましょう。それは今まで決して起こったことのない、新しい出会いです。そして、瞬間、瞬間のその時の、私たちのからだを内側から感じていきましょう。
そんな言葉でグループはスタートしました。

2020/02/16

2019年秋 妙高高原リトリート報告1  〜タッチはスペース〜


オーガナイザーのアディプリヤです。
おかげさまで、2019年秋の日程を全て無事に終えることができました。
たくさんの方々がラサタとカマラ、ふたりの愛すべきティーチャーに、アルーンに出会ってくださり、
それぞれの内側に向かい、自分自身を内側から観て、
そこにくつろぐ、そしてそこから周囲と出会っていく、という体験を重ねました。
どの瞬間を思い出しても、それは宝物で、胸がいっぱいになります。
ご参加くださった方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

妙高高原リトリートのお知らせ


妙高高原リトリート(2019年秋)
          

2020/02/10

2020年春のテーマ:生命の輝きに触れる

秋の妙高高原の写真

2020年春のアルーンコンシャスタッチ♪テーマが決まりました!ドイツのラサタからのメッセージです。

***

日本の皆さま、こんにちは。
さあ、2020年が始まりましたね。

新しい年が皆さまにとって、
愛と喜びに満ちた生命輝く年になりますように!

木々や草花がいたるところで芽吹く頃に、
アルーンコンシャスタッチのコースシーズンが始まります。

この春のテーマは「生命の輝きに触れる」

2020/02/09

東京2デイズ(2020年春)

チラシの写真

コロナウィルス対策のためのヨーロッパからの入国制限が3月21日よりスタートしました。ドイツより来日の講師ラサタは、この入国制限前に無事に帰国しましたが、お会いする皆さまの安心・安全のため、自主的に2週間の自宅待機期間をとることにしました。そのため、3月28日、29日に予定していた「東京2デイズ」は下記の通り日程を変更して行います。どうぞよろしくお願いいたします。

タッチの瞑想「アルーンコンシャスタッチ」を体験いただける2日間のイベント。どなたでもご参加いただけます。

概 要

日 時:
2020年 418日(土)& 19日(日)
講 師:
ラサタ(久嶋真理子)
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で2日間が認定されます。


コースの中では、タッチやエクササイズを通して、
今ここにある身体にくつろぐこと、
受け取ること、与えることのバランス、
一人の自由なスペースと他者との親密さの両方に開くこと、

繊細な知覚をオープンにして、
自分が感じることを信頼し起こることを信頼すること、
この瞬間に努力や緊張、思考を手放すことなど、
内側に気づきの光を向けていきます。

ナイトイベント オンライン(2020年春)

新型コロナウイルスの影響で来日を見合わせているカマラが、オンラインでナイトイベントを開催してくれることになりました。

概 要

日 時:
2020年 328日(土)19:00 〜 21:00
講 師:
カマラ・マツノ


瞑想、アルーンヨガなど、自分の内側とつながり、身体の声を聴いていきます。
カマラが日本で待つ私たちに届けてくれたメッセージです。