2018/09/18

2018年秋のテーマ:ヒーリング・ハンズ


今回の一連のコースやリトリートは

ヒーリングハンズ

をテーマにお届けしていきます。

原点回帰、エッセンスのなかのエッセンス、、
一見何でもない普通のタッチが持てる可能性を
ともに探検していきませんか。

このテーマに寄せる想いを、
ドイツからラサタが届けてくれました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんにちは、ラサタです。
この秋のアルーンのテーマは「ヒーリングハンズ」
私たち誰もが持つことのできる癒しに満ちた手。
それを自分の中に見つけ、育て、分かち合い花開かせていく。
そのワクワクするタッチの内なる旅にあなたをご招待したいです。

2018/09/17

カマラの個人セッション(2018年秋)

普段はスペインに住むカマラの個人セッションを受けられる貴重な機会です(カマラのプロフィール)。

カマラの写真


日本の皆さんお元気ですか?
カマラです。

皆さんは時々、個人セッションを受けていますか?

タッチの個人セッションを受けるのがなぜ必要かというと、
個人セッションはギバーが自分のために100%注ぐ愛を注いでくれる貴重な時間だからなのです。

ラサタの個人セッション(2018年秋)

ドイツ在住のラサタのセッションが日本で受けられる稀な機会です。
枠に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

ラサタの写真

あなたの身体を内側から感じるためのタッチの瞑想にようこそ


ゆったりと横になり、目を閉じましょう。
呼吸が自然に身体に入っては、出て行くのにまかせてみてください。
外側に向かっていた注意があなた自身の身体に戻ってくるでしょう。
ひとつひとつのタッチにあなたの気づきを向けてみてください。

2018/07/30

妙高高原リトリート(2018年秋)

トレーニングの参加者のみなさんの写真

概 要

日 時:
2018年 112日(金)〜 6日(火)
講 師:
ラサタ(久嶋真理子) & カマラ(松野さら)
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で4日間が認定されます。

ファシリテーターとしてドイツ在住のラサタ、スペイン在住のカマラを招き、アルーンコンシャスタッチを本格的に学ぶ5日間のリトリートです。


2018年春の妙高高原リトリートの様子:

ナイトイベント in 名古屋(2018年秋)

睡蓮の花の写真

概 要

日 時:
2018年 1019日(金)18:30 〜 21:30
講 師:
カマラ(松野さら)

金曜日の夜、スペインから里帰りしたばかりのカマラを迎えて、タッチとともに過ごす3時間です。

カマラはアルーンコンシャスタッチが日本に紹介された頃からずっと、アルーンとともに歩んできた数少ない一人。創始者であるアヌブッダとアナーシャからの信頼もあつく、2週間にわたってスペインで開催されるトレーニングのオーガナイズもしています。

また彼女自身、経験豊かなトレーナーでもあり、日本だけでなく、スペインでもスペイン人のパートナーとともにアルーンのトレーニングをリードしています。

ナイトイベント in 東京(2018年秋)

月下美人の写真

概 要

日 時:
2018年 1019日(金)18:30 〜 21:30
講 師:
ラサタ(久嶋真理子)

金曜の夜、ドイツから来日するラサタとともに過ごすタッチと瞑想の3時間です。

長年、様々な形で瞑想やボディワークに関わってきたラサタ。
ラサタはアルーンコンシャスタッチが生まれる前から、創始者アヌブッダの近くにいて、
アヌブッダがアルーンという全く新しいアプローチを誕生させる過程を見守ってきました。

名古屋2デイズ(2018年秋)

タッチを見せるカマラの写真

概 要

日 時:
2018年 1020日(土)& 21日(日)
講 師:
カマラ(松野さら)
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で2日間が認定されます。


アルーンコンシャスタッチを知っている人も
知らない人もいると思いますが、

アルーンとは
ラテン語のアルモニアとユニバーサールが合わさった言葉で
宇宙的な調和という意味もあり、
ニュードーン、新しい夜明けという意味もあります。

それはタッチを通して、
私たち魂の住む神殿であるこの身体愛を注ぎ、
瞑想していくワークなのですが、
それは気づきとともにこの身体とともに目覚めていく一つの生き方でもあるのです。