2024/06/11

妙高高原リトリート(2024年秋)


概 要

日 時:
2024年 112日(土)〜 116日(水)
講 師:
ラサタ(久嶋真理子) & カマラ・マツノ
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で4日間が認定されます。

ドイツ在住のラサタ、スペイン在住のカマラ、ふたりの日本人ティーチャーが来日!
アルーンコンシャスタッチを本格的に学ぶ5日間のリトリートです。

ARUNは、からだ、タッチ、生命エネルギーへの瞑想家のビジョン。
愛と意識で触れていくタッチの瞑想です。


妙高高原リトリートの様子:

2024/06/06

呼吸のwaveとハートの音 6月オンライン

【7days瞑想×ARUNオンライン6月 with ラサタ&カマラ】

7days瞑想×ARUNオンライン6月 with ラサタ&カマラ概要

日 時:
ARUNオンライン2days
2024年 629/30日(土/日)14:00~17:30
7daysのOSHO瞑想
2024年 62430日(月~日)6:00~7:15
講 師:
ARUNオンライン2days:ラサタ(久嶋真理子)& カマラ・マツノ
7daysのOSHO瞑想:ARUNチーム(ラサタ、カマラ、アディプリヤ)

呼吸は自分でもたらすことのできる内なるタッチ。
まるで波のように
やってきては、出ていきます..
それは誕生と死の繰り返しとおなじ、
私たちの生そのものです。
最も自然で、神秘的な奇跡がそこにあります。
呼吸とともに
私たちのハートのヴァイブレーションを
響かせていく
オンラインクラスです。

2024/03/26

広島2デイズ(2024年春)

アルーンコンシャスタッチ 2Days ワークショップin広島 @江田島オハナ・ヴィレッジ 

概 要

日 時:
2024年 518日(土)& 19日(日)
講 師:
ラサタ(久嶋真理子)
このコースはACTJ認定アルーンラヴァー養成コースの一部となります。フル参加で2日間が認定されます。

ARUNコンシャスタッチ広島2DAYS
この春も江田島のオハナヴレッジにてARUNコンシャスタッチ2Daysを開催します。
オハナヴレッジは古くからの友人達が運営するクリエイティブで心温まるとても素敵なスペース。
ここでのARUNは瀬戸内の海と山、大地と空を感じながら、ゆったりと自分自身の内なる自然に戻っていく小さな合宿、リトリートです。
日常から離れて、素の自分に戻り、身体をいたわり、感じる心や生き生きする身体とともに自分自身の内面に向き合っていきます。
私たちが、今ここの気づきの中で、ハートと繋がり、ハラの静けさにくつろぐとき、どれほどの慈愛と癒しが手を通して、眼差しを通して、一人ひとりの存在を通して分かち合われていくでしょうか。
この2日間では、そのためのさまざまなタッチのアートや呼吸、エクササイズを用いて、気づき、ハート、ハラの3つのエネルギーセンターにセンタリングし、バランスと調和を取り戻していきます。

2024/03/22

ARUN 21 Days 2024「気付きの21日間」目次


2024年3月1日からOSHOがエンライトした3月21日に向けて、ラサタとカマラ、アディプリアによる、ちょっとした気づきのきっかけや、エクササイズの提案を毎朝お届けしました。

2024/03/21

Day21:自分自身をお祝いする---気付きの21日間

今日 3月21日は、Oshoが光明を得たお祝いの日。
この日に向けて早朝6時から一緒に瞑想を続けてきた皆さん、
ニューズレターを読んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。
ここでの配信が、少しでも皆さんの日常生活の気づきにお役立て頂ければ嬉しいです。

今日は、お祝いについてのOshoの言葉をお届けしたいと思います。

Oshoは

「私は自分自身を喜び祝う―I celebrate myself」

という言葉をよく用いて、
私たちの生が祝祭であることを思い起こさせてくれます。

実際Oshoの周りでは、特別な日に限らず、世界中で歌い、踊り、笑い、喜び祝います。この祝祭の中でこそ、平和、愛、慈悲が生まれ、私たちの神聖なる本質と出会い、大いなる存在に共鳴するときなのです。

お祝いには、理由はいりません。良いことやおめでたいことが起こったときだけでなく、うまくいかないときも、望んでいないことが起こるとき、調子が悪い時、病気のときも、Oshoのもとでは、「死」さえも、内側にお祝いの光をもたらすことが可能だということを教えてくれます。

2024/03/20

Day20:忘れられた愛の言葉---気付きの21日間

「愛」という言葉は、
いろんな意味で使われるし、
たくさんのレイヤーがあり、
日本では(私が?)気恥ずかしい感じもしたり、
できれば使わないで話をしたい、という気持ちもあったりするのですが、
やはり「愛」としか言いようのないものに、ARUNでは、瞑想では、出会いますね。

ARUNは、愛と意識で触れていく、タッチの瞑想。
タッチは「忘れられた愛の言葉」とOshoは語ります。

***

2024/03/19

Day19:自分自身に捧げる詩-うた---気付きの21日間

「人間であることは、ゲストハウスのようなもの
毎朝、新しい訪問者がやってくる

喜び、絶望、卑劣さ
そんな旅人すべてを歓迎し、もてなそう

たとえそれが悲しみの集団で、
荒々しく家中の家具を持ち去って空っぽにしてしまったとしても
それでも、どのお客にも敬意を持って接しよう

それは新たな喜びを迎え入れるために、
あなたを空っぽにしてくれているのかもしれない

暗い気持ち、恥ずかしさ、悪意も
玄関で笑いながら出迎えて招き入れよう

訪れるものすべてに感謝しよう

どれもがはるか彼方から、
あなたの人生の案内人として送られたものなのだから」

ジャラール・ウッディーン・ルーミー